ジョジョの奇妙なグランドピアノ

もっとグランドピアノの話、しませんか。Answer for You

序、

状況:大腸がん第4期。いわゆる「ステージ4」。

転移先:原発巣そばリンパ、肝臓2か所、肺。

2016年06月、大腸原発巣及びリンパの開腹手術。大腸管30センチ摘出。

07月の療養期間を経、08月より化学療法=抗がん剤治療開始。

プロトコル:mFOLFOX6+アバスチン。2週間で1クールを繰り返す。

初日の通院にて半日日帰り入院で吊るし点滴、終了後、風船点滴を装着し、帰宅する。

3日目夕方に風船点滴終了、通院にて針を抜く。開始から一週間後の8日目に、検査と診察を行う。

2016年11月、8クール中に行った効果測定が良好で、腫瘍マーカーは正常値圏内に下降。CTやPET-CTでは新たな転移~再発も認められず、転移先の肝臓と肺の残存腫瘍3か所も明らかに縮小が観察され、先ずは小さい方の肺の転移癌腫瘍を抗癌剤で潰す事を目標に、同治療法の9クール目以降の継続を決断。

2017年02月、15クール目を最後に、治療休止及び精密検査の為、一時転院。抗癌剤作用が陰りを見せ、肺は縮小なし、腫瘍マーカー上昇。肝臓転移巣の摘出等、行先を模索。

結果、転移巣摘出手術はNGと結論。肺と肝臓の2部位である事がネックの上、肝臓手術のリスクも懸念。残存転移巣状況:肺×1、肝臓×3。

2017年03月、最初の抗癌剤療法に終止符を打ち、新たな抗癌剤療法(セカンドライン)に突入。プロトコル:FOLFIRI+サイラムザ。治療クールスパン及び方法は前1stラインと同様。

(2017/03)

2017年07月、抗癌剤治療2ndライン8クール目後の効果測定にて、「FOLFIRI+サイラムザ」療法は効果無しの判定。転移巣増大120%+腫瘍マーカー上昇。

2ndラインで終了の標準治療ガイドラインから外れ、効果が予測不明な3rdライン「サイラムザ+FOLFOX療法」の開始を決断。

(2017/07)

一、

2017年07月中旬、セカンドライン抗癌剤療法に終止符を打ち、サードラインに突入。転移巣増大+腫瘍マーカー上昇によりセカンドラインに効果無しの判定の為。

プロトコル:サイラムザ+FOLFOX。非常に効果のあった1stラインの「FOLFOX+アバスチン」と、前2ndラインの「FOLFIRI+サイラムザ」を組み替えた形に挑戦する格好。

14日=2週間1クールの治療スパンには変化無し。

最大限の効果を狙う為、1stライン時に副作用軽減目的で途中から減:▲20%抗癌剤濃度を標準に戻して試し、様子見で状況に応じて濃度軽減~副作用抑制薬剤処方等を検討。

副作用的には、イリノテカンの下痢から開放されることに為る。

予測される症状は、嘔吐感、胸焼け喉焼け感、食欲減退、倦怠感、眠気、手足指先の痺れ、鼻血傾向など。

(2017/07)

二、

1日目:2017/07/18火曜。

3rdライン突入。

吊るし点滴通院。いつも通りお土産風船を伴い帰宅。

驚いた事に、一寸した胸焼け気持ち悪さ程度で、特段変わった強い副作用は現れない。

やや食欲減退気味程度。

2-4日目:2017/07/19水曜-21金曜。

兎に角、様子見で、抜針通院以外は大人しく在宅を保つ。

2ndラインの「FOLFIRI+サイラムザ」の時の様な、重篤な気分の悪さや寝ずに居られない倦怠感は、酷くは発現しない。

主立った症状は嘔吐感、喉ではなく文字通り胸焼け感。やや以って食欲減退。

しかし、強烈な空腹感が到来すると、何とか少量でも食欲が湧く場合もあった。前よりは食えている。

今回は嘔吐感が嫌な感じだったので、どうにもピアノこそ弾く気に為らなかったものの、1度だけ10時間以上寝た事があった以外には、何とか動けると云うか、生活を営むこと自体は出来そうな感触。嘔吐感と胸焼け感さえ、我慢出来れば。

少なくとも、洗濯くらいは全然出来る。2ndでは無理だったのだ。

もしかしたらなのだが、かなり紛らわしいアルファベット表記だが、

前回2ndの「FOLFIRI」より、

今回3rdの「FOLFOX」

の方が楽な様な予感もしてきた。

裏腹に、「副」ではない抗癌剤目的本来の主エフェクトがどうなるかは、未知の世界だが。

5日目:2017/07/22土曜。

午后はリハーサルスタジオの後、夕刻から高校時代の応援部OB会関東支部会に出席。

動けはするし普通に演奏も出来て、副作用の事など忘れてしまっていた程だったのだが、実は朝からずっと食欲がなく、パン一切れやお握り一個で、後は液体しか入らなかったりと云う状態。

此れがOB会の宴席で顕著に現れ、肴にさっぱり手が伸びず液体(要は酒)ばかり飲んでいた。

白血球=免疫力も大分落ちている筈だから、ナマモノも食えない。翌日蕁麻疹に見舞われるのは散々、学習している。そうではなくても、何を見ても別に食いたいとも思えず、せいぜい枝豆やお新香、味噌汁程度にしか食指が動かない。

こんな居酒屋体験は、先ず無かった。生まれて初めてかも知れない。

先輩方が心配して「お前は全然喰ってないから、酒代だけでいい」と、随分支払いを負けて下さった程だった。

昼間から動いていて、ロクに喰っていないものだから、当然疲れてしまって二次会も無しで大人しく帰宅させて頂いたが、此処まで副作用を引き摺るとは思っていなかった。

しかし面白いのは、「食えない割にゲッソリ痩せたわけでもなく、前と変わらんな」と。

確かにそうかも知れない。

こないだ迄の2ndライン時には、4キロほど減って、一週間で又戻って、でも少しずつ痩せてって…の繰り返しだったような感じだったのだが、今回は多分、体重的には余り変化してないかも知れない。

そう云う意味では、2ndライン時の食欲減退の方が激しかったと振り返られる。一日でバナナ1本とか、1丁じゃない小さい豆腐1パックだけ、栄養失調気味でフラフラクラクラ…そう
いう次元だったからだ。

今回は其処まで酷くはないのである。この先分からんが。

話は変わって印象的だったのは、06月にインディーズ・レーベルからリリースされた、私がピアノで参加しているCD作品を「遺作に為るかも」と冗談交じりで先輩諸氏に押し売りさせて頂いたのだが、

「馬鹿野郎!その前に新しい応援歌を作曲して、高校に提供してからにしろ!其れを遺作にしなけりゃ認めないぞー」

と励まして下さった事だった。

伝統校ゆえに、もう此れ以上必要もない程大量に、伝統伝承の応援歌があるのだが、新たな息吹を、命を…と。そして生きろ、と。

6日目:2017/07/23日曜。

午后からフリーセッションに誘われていたが、丁重にお断りし、前夜宴の帰宅後から昼下がりまでかなりの時間ゆっくり寝て過ごしたが、嗚呼、どうやら復調の気配。起き出せば、嘔吐感も胸焼け感もない。

何と、大量の野菜を身体が欲している。しかも無性に生野菜が食いたい。

こんなの、かなり珍しい。

早速買い物に出かけ、夕刻前にほんのわずかな焼肉をツマミに飲んでは、大量の野菜とチーズだけで満腹する程食らい、夜中にはようやく主食にピザ(副作用期間中は死んでも食いたくない類い)とワイン、そして残りの生野菜も全て平らげ、悦に浸る。

毎度驚いているが、抗癌剤が抜けると、食事の支度の段階から、其れ自体が、楽しく、嬉しいのだ。

そしてジャズやブルースや、時にはエキゾチックな音楽を聴きながら、一杯嗜みながら(?)厨房に立つひととき。

今、過ごしている時間自体が、愛おしく、嬉しい。

もしかして分からない方々が世の中、大半かも知れないが、音楽は時間と共にあるものであって、酒と肴と音楽をゆっくり味わって、全てと共に過ごす安寧の時間そのものが、自分の人生にとっては、とても愛すべきものなのです。

7日目:2017/07/24月曜日。

午后から、局所的にタイトなスケジュール。

先ずは、敗者復活戦中の歯医者の最高に尊敬する主治医大先生の治療を受けたのだが、

「はい、かなり早いですが今日は此れでお終いです。

次のご予定でお忙しい御様子ですので、途中ではありますが、余裕を持って早めに終わらせました。

続きは次回に。どうかお気をつけて」

え?先生、時間、もう一寸大丈夫ですよ?

「いえいえ、会計ですとか次の御予定決めで、あっという間に時間が経ってしまいますよ。

如何か余裕を持って」

もう、最初からキリのいいところを目論んで計画的に診て下さったんだろう。

先生、いつも本当に有難い事です。

その脚で、ピアノの稽古に向かう。

私はクラシックピアノ出身ではないので、かなり歳を取ってから、時には子供に混じったりして、たまにほんの少し習いつつも、基本的には我流で数十年余り通して来た、無教育に近いピアノ弾きだ。

だからこそか、羅患が判明して1年後ではあったが、この人生の中で痛感してきた弱点の克服や、どうトレーニングしたり運指したりすればよいのか分からない事など、長年築き上げて進撃の巨人化した、目の前にはばかる巨大な壁をぶち壊すべく、親愛なる姉貴分の通うピアノの先生の下で、改めて学ぶ決意を、実に簡単に下したのだ。

何故なら、歳を取った分、自分の演奏の弱点や克服すべき壁は、かなり明確化している。

残された時間は、自分の音楽的成果に当てるべきだ。

だから、私の授業は先生にとってもかなり特殊なものの様だ。

今回のレッスンは、副作用の影響で事前的に全然ピアノの前に座れなかった分、殊更かなり特殊な、ブルース~ジャズ的音階演奏への奏法質問~ディスカッション~練習アドバイスに終始した。クラシックのプロフェッショナルなのに、近年、ジャズの教育も自ら受けた、ピアノに関してはもう素晴らしく意欲的な、年上の、其れでいて穏やかにして熱心な女性の先生だ。

毎回、脳味噌がパンクしそうな程、色々な事を教わる。まあ、自分は基礎がないから当たり前なのだが。

其れを、姉貴分宅に帰りグランドピアノで復習し、そのまま二人で御婆婆宅までランデブー。

すると、今回はブッたまげた偶然に、姉貴分の兄貴が帰省して来ているではないか。

ひと足先に訪れたお盆の如き状況に、全員吃驚し合っている中、肴がどんどん作られ、

「明日は通院検査だし、今晩は早めに飲み始めて早めに寝ようね」

なんて計画は愚か、簡単に夜は更けて行ったのだった。

8日目:2017/07/25火曜日。

クール一週間後の定例検査通院の日。

最近の2ndラインでは「異常なし」が決まり文句だったのだが、やはり今回は違った。しかも驚くべき程。

「ん~、今回は、お薬を強めた影響でしょう、白血球がかなり下がっています」

下限値3900のところ、一週間経って、わずか2900、▲1000状態だ。

ナマモノなんか未だ食える状態にも至っていないのである。

しかも、赤血球も下限値に至っていない。こんなのは初めてだ。

要は貧血状態なのだ。

今回は3rdライン初回クール、続けてみないと何にも分からない…そんな所見で診察を終えたのだが、副作用緩和目的の処方薬:セロトーンなどは、もっと積極的に使って、副作用状況改善に励むべし、との御指導を賜った。

ヤバいなー、食欲が復活したとは云っても「生野菜食いたい」だけでは全然駄目なんだな…。

鉄分、蛋白質だよな。刺し身で一杯やりたかったのにな…でもナマモノは食える状態じゃないしな…。

此処でふと焼肉屋が浮かんだのだが、途端に猛然と焼肉屋でワインを飲みながら肉と石焼ビビンバと野菜をがっ
つきたく為ったから、我ながら吃驚だ。

副作用期間中には気持ち悪くて絶対に行動に移せない、外食パターンだからだ。

結局、ワイン一本分を空け、昼間から焼肉屋で数千円を消費し、かなりご満悦。

夕刻、リハーサルスタジオに出掛け、打ち合わせで又しても終電間際まで一杯やったのだが、リハ中から、驚く程の回数の頻便に見舞われた。

突然焼肉屋でたらふく喰った影響なのか、抗癌剤代謝物排出の影響なのか、何がなんだか全く分からない。蠕動運動が過剰で、夕刻のスタジオ着から帰りの電車まで、優に10回以上は厠通いしているだろう。

しかも内容は、便秘~固形型の少量頻便なのだ。2ndライン中だったら、途中で大量の下痢に変化して1-2回で終わるところが、エンドレスの固形頻便。

話題的には非常に楽しく弾んで飲んでいるのに、下痢じゃなくとも実に体力を消耗する。

但し、下痢頻便と異なり、スポッと抜けるから、どれだけ通っても尻は全然痛まない。

そして、移動中の心配を完全に他所に、電車に乗った途端に治まったものから、謎は深まるばかりなのだった。

まあ、腸管30センチ切っているから、色々仕方ないか。

鳴かぬなら殺してしまえグランドピアノ

1年生から私のお教室に通っている〇〇ちゃん。
最近、めきめきキラキラ腕をあげてきました。
たくさんのステージを経験して、音楽の楽しさラブラブ弾く喜びもルンルン味わいながら、厳しさもわかってきたこの頃です。
前々から欲しかったグランドピアノをいよいよ購入することになり、私も試弾に行ってまいりました。
〇〇ちゃんは既にお母様と他の楽器店でも何台か試弾してきて、山野楽器さんのヤマハC3Xのピアノが気に入ったようで、私にも聴いて欲しいということで今日ご一緒しました。
ニコニコ、嬉しそうなお顔照れ爆笑
2台並んでいたC3Xを同じ曲でとても気持ちよさそうに試弾しました。
同じピアノなのに音質が違う〜
最初から〇〇ちゃんはこっち‼️とはっきり意思表示してました。
私も試弾しました!
今度は客観的にお母様と2人で私の弾く音を聴き比べ、やはり最初から決めてたこちら‼️と即答!
確かに音がまろやかでこれから〇〇ちゃんの手でどんどん良い響きを出してくれそうな予感ピンクハートがする楽器でした。

他にもC5Xが口笛

こちらは、大変バランスも良く弾きやすく、低音部が深い響きがある楽器でした。

華やかさのC3、重厚なC5というイメージかな⁈
「値段がそんなに違わないなら大きい方にしようか?」とお母様が迷っていらっしゃる中、〇〇ちゃんは全く迷いなく
こっち‼️
本当に欲しい物が見つかったと確信した回答ですねキラキラ素晴らしい決断力!!
ずっとずっとニコニコ顔の〇〇ちゃんでしたラブ
お父さんとお母さんに感謝しようねハート
こちらはお値段にビックリびっくり
二度見して、ケタ数え…
どんな方の手に渡るのかしら〜
ベーゼンドルファーのアプライトです。
隣の国産のと弾き比べたら全く違う‼︎
でもアプライトでねぇ。。。

ホームページは
[広告] 楽天市場
  • グランドピアノ(茶)18弁オルゴール 木製アンティーク 仕上げサンキョー製(日本)B-526S
  • 【あす楽対応】Sankyo AA-295B/AA295B 曲目 : 乙女の祈り 18弁グランドピアノ茶(S-size) オルゴール 8弁ピアノオルゴール サンキョー【楽ギフ_包装選択】【楽ギフ_のし宛書】【RCP】【P2】
  • 【its】NEW!かわいいグランドピアノ型!スタイリッシュな8種類のカラーデザイン&2つのサイズが選べるピアノアンダーパネル PIANO STAGE GP・ピアノステージ(GP用)【防音仕様】(ビッグパネル・ビッグボード・ピアノパネル・防音マット)
  • 音楽雑貨 ♪ ピアノ ジュエリー ケース ♪ ホワイト ブラック ギフト プレゼント グランドピアノ ト音記号 音符 上品 インテリア アクセサリー ジュエリーケース 収納 かわいい 素敵
  • ペーパークリップ グランドピアノ♪お取り寄せ商品です♪【ピアノ発表会記念品に最適♪】音楽雑貨 音楽グッズ 吹奏楽部 ブラスバンド 記念品 楽譜柄 ピアノ発表会記念品
  • 河合楽器カワイ1143 グランドピアノ レッド 【当店オリジナルカラー赤】 【送料無料、北海道と沖縄は除く】【楽ギフ_包装】【楽ギフ_包装選択】【楽ギフ_のし】【楽ギフ_のし宛書】 02P03Dec16

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする